緑の芝生を育てよう

憧れの美しい芝生。均一に広がる緑色は手入れされた庭の象徴です。芝生は丈夫な植物で毎日の作業は不要ですが手入れなしには綺麗な芝生になりません。芝生の選び方、植え方、水やり、芝刈り、雑草や病気の対策など定番の方法を参考に手入れをしていきましょう。

広い草地にはエンジン芝刈り機もどうぞ!

12月からの芝生の手入れは?

関東では平均気温が10度から5度に下がってくる時期です。コウライシバは地上部が冬枯れし休眠に入ります。

西洋芝も5度を切るようになると生長が鈍り緑色は保つもののくすんだ色になってきます。

基本的に手入れ不要ですが、スズメノカタビラなど秋冬に発生する雑草は目立つ今のうちに除草しておくと来春の手入れが楽になります。

 

芝生グラウンドの養生期間

芝生の手入れ12月の作業は?

2017/12/27

更新情報

芝生の手入れ.comの既存記事に写真や内容を追加した箇所です。

緑の芝生芝生ブログ

室内なら冬でも芝生が枯れないのでは?!【DAY0】

寒くなると枯れてしまう夏芝(日本芝)を暖かい室内で育てれば一年中緑が楽しめるのでしょうか?!色々調べるとどうも可能そうなので“夏芝も室内で年中緑”を試してみることにしました。プランターに日本芝を植えて室内で育て、春芽吹くとされる3-4月まで緑の芝生を維持できれば成功です。