緑の芝生を育てよう

憧れの美しい芝生。均一に広がる緑色は手入れされた庭の象徴です。芝生は丈夫な植物で毎日の作業は不要ですが手入れなしには綺麗な芝生になりません。芝生の選び方、植え方、水やり、芝刈り、雑草や病気の対策など定番の方法を参考に手入れをしていきましょう。

▼10月の西洋芝。秋葉原・和泉公園にて。
ほぼ全面がきれいな緑に覆われ、剥げた箇所は補修が進んでいる。
和泉公園の芝生広場

広い草地にはエンジン芝刈り機もどうぞ!

10月からの芝生の手入れは?

台風や秋雨前線の停滞による長雨で9月の東京は20日以上雨だったそうです。

 

気温も一気に下がりコウライシバは生長が停滞してくるので年内最後の芝刈りを行い来年に備えます。高めにした方が雑草が入り込みにくいなど管理しやすくなります。

西洋芝は生育適温に入り秋の最盛期に入ります。夏枯れで剥げてしまった箇所は先月種を追いまきしていれば緑になっているでしょう。生長が盛んな分芝刈りは10日〜週1度と頻繁に行います。

芝生の手入れ11月の作業は?

2018.01.19

▼雨が多いため芝生に生えるキノコもSNS上でよく見かける
芝生に生えたキノコ

更新情報

芝生の手入れ.comの既存記事に写真や内容を追加した箇所です。

緑の芝生芝生ブログ

室内なら冬でも芝生が枯れないのでは?!【DAY0】

寒くなると枯れてしまう夏芝(日本芝)を暖かい室内で育てれば一年中緑が楽しめるのでしょうか?!色々調べるとどうも可能そうなので“夏芝も室内で年中緑”を試してみることにしました。プランターに日本芝を植えて室内で育て、春芽吹くとされる3-4月まで緑の芝生を維持できれば成功です。