最新記事

芝生の手入れ4月の作業は?

芝生

春本番、桜も散った4月はコウライシバが一斉に芽吹きます。また寒地型の西洋芝は生育が盛んな時期に入り週一の芝刈りが必要になってきます。芝が生長する時期なので日本芝、西洋芝とも肥料をやります。また越冬していた芝生の雑草が伸びるので早めに除草します。

その土地の気候によって芝生の管理も変わりますがここでは暖地型芝草の代表で高麗芝(コウライシバ)、寒地型芝草の代表で西洋芝、エリアは関東以西の想定で説明します。

4月の気候と芝生の生育状況

東京なら4月の平均気温は15度、コウライシバも一斉に芽吹き1ヶ月くらいかけて緑になっていきます。寒地型芝草の西洋芝は春と秋が生育適温で4月は旺盛に生長します。

4月のコウライシバ(暖地型芝草・)の手入れ

不要です。乾燥が続く場合水やりによって芽生えが促進します。

、張替え、補修

適期です。

芝生の補修(剥げ・でこぼこ・枯れ)

2017.11.17

芝生の張り方(芝張り・目地張り・ベタ張り・鳥取方式他)

2017.10.30

草取り

越冬していた雑草が伸びる時期なので早めに除草します。

目土入れ

葉が伸びると凹凸がわかりづらくなります。冬の間に検討を付けておいて低い所が埋まるように目土を入れます。

芝生の目土入れ

2017.11.02

施肥

化成肥料20g/m2与えた後水やりします。肥料が偏ると芝草の濃度に差が出ますが水やりで緩和できます。

病害虫

春ハゲ病などのパッチが出ますが自然回復するので対処不要です。

4月の西洋芝(寒地型芝草・)の手入れ

芝刈り

旺盛に生育する時期で週1程度で芝刈りします。

草取り

越冬していた雑草が伸びる時期なので早めに除草します。

施肥と水やり

化成肥料を20g/m2与えた後、水やりします。肥料が偏ると芝草の濃度に差が出ますが水やりで緩和できます。

芝生の水やり

2017.12.05

芝刈りが多い西洋芝

一般に西洋芝の方が日本芝より生長が早く、芝草で覆われるのが早いメリットもありますが芝刈りが増えるデメリットもあります。日本芝も西洋芝も最盛期は週一の芝刈り頻度になりますが7・8月のみの日本芝と比べ4・5・6・7・9・10月と西洋芝は数倍工数がかかります。

4月の前後3月、5月の芝生の手入れ

4月の前後の月は以下の手入れを行います。気温が上がってくる3月はコウライシバの芽が出始め西洋芝は生育を再開し鮮やかな緑色を取り戻します。5月はコウライシバの芽も出揃い芝刈りを再開します。西洋芝は春の生育最盛期を迎えます。

芝生の手入れ3月の作業は?

2018.01.03

芝生の手入れ5月の作業は?

2018.01.05