CATEGORY 芝生のニュース

芝生のニュース

ラゾーナ川崎が大規模リニューアル!駅前に芝生広場が誕生

ラゾーナ川崎に芝生広場が誕生します。三井不動産は2017年11月30日「三井ショッピングパーク ラゾーナ川崎プラザ」の大規模リニューアルを発表。2012年以降2度目となるリニューアルでは100店舗以上が新規・改装オープンするとともに「1日ゆっくり過ごせる施設」を目指し、駅前広場「ルーファ広場」に人工芝を敷設予定。

ケンタッキーブルーグラス芝生のニュース

アメリカの芝生事情:11才の少年ホワイトハウスの芝刈りを許可される

アメリカには「綺麗に手入れされた芝はアメリカンドリームの証」という価値観があり芝刈り機の本場です。また子供が小さい頃から小遣い稼ぎをする風習もあり11才の少年がホワイトハウスの芝刈りを申し出る手紙を出した所、許可されてトランプ大統領からも褒められた、というニュース。

ティフトン芝生広場のある公園・スポーツ競技場

高校サッカー上位校は人工芝+照明設備の練習環境が多い?

年末年始は全国高校サッカー選手権の時期。男子決勝は好試合と評判でした。J1では天然芝またはハイブリッド芝の使用が義務付けられていますが高校サッカーでは練習機会が増える人工芝グラウンドのメリットが出ています。サッカー強豪校では人工芝グラウンド+照明設備、サブグラウンド有りという構成が見られます。

芝生芝生広場のある公園・スポーツ競技場

大学生が芝生カフェのクラウドファンディング、大仁田厚と横浜スタジアムの人工芝の関係

2017年12月25日の芝生の話題ピックアップは京産大のゼミ生が商店街活性化のため「スローライフな芝生カフェ」のクラウドファンディングをしている件、テリー伊藤と大仁田厚の対談で人工芝の養生に経費がかかって利益はそれほどでもなかった話の2本です。

ケンタッキーブルーグラス芝生広場のある公園・スポーツ競技場

松本山雅FCの本拠地アルウィンが芝生全面張替え、古い芝は学校や広場へ移植 #Jリーグ #スタジアム

サッカーのJリーグ松本山雅FCの本拠地長野県松本平広域公園総合球技場(愛称アルウィン)が2001年のオープン以来初となる全面芝張り替えを実施中。剥がされた芝はホームタウンの松本市や安曇野市、塩尻市の公共施設など15箇所に譲渡されました。

ティフトン芝生広場のある公園・スポーツ競技場

宮城・栗原のホッケー合宿地、人工芝の違いで豪チームに断られる、北九州市立公園グリーンパークの入園者数が好調

2017/12/19(火)の芝関連ニュースからピックアップ。河北新報からは宮城県栗原市が東京オリンピックの事前合宿招致を目指していたオーストラリアのホッケー代表から断られた件、西日本新聞からは芝生広場を持つ北九州市立公園グリーンパークの入園者数が好調な件を取り上げます。