【募集中】本サイトにご協力いただける企業様

記事の改善・強化にご協力いただける企業様を募集します!

「芝生の手入れ.com」はお陰様で「芝生」4位、「目土」3位、「芝生 バリカン」2位、「芝生 肥料」「芝生 害虫」「芝生 病気」1位など多くのキーワードで検索上位を獲得しています。
その結果…



その結果、芝生バリカン100台以上、ネメデールが180本、MCPP液剤が150本、シバキープとシバニードアップのシリーズがそれぞれ数百個売れるなど大きな効果がありますがより専門的な知識・レビューを増やしたいと考えています。

例えば薬剤の特徴や効果の資料提供、製品のレビュー、担当者様のインタビュー記事、取材記事などの機会をいただける企業様、お待ちしています。広告を出したい方もお気軽にご相談ください。お問い合わせはこちらをクリック!

豊洲市場屋上芝生広場で誰でも凧揚げ名人に!豊洲ぐるり公園はベイブリッジ正面で夜景の新名所に?

「豊洲市場魅力発信フェスタ」で豊洲市場と屋上の芝生広場を見てきました。このイベントは3月24・25日の両日に開催され「見学コース」から市場内の見学、湾岸が一望できる“屋上緑化広場”が開放され“凧揚げワークショップ”ができる、というもの。豊洲市場外周は豊洲ぐるり公園でベイブリッジまで遮るもののない夜景スポットになりそうです。

都内全域は東京都内の芝生広場がある公園(ピクニック・子連れ)をどうぞ。

「豊洲市場魅力発信フェスタ」で一足先に豊洲市場を見学

2018年10月11日に開場する豊洲市場。それに先立ち東京都も豊洲市場の機能や魅力を「見て」「知って」「感じて」できる“豊洲市場魅力発信フェスタ”を先週末開催。予約不要で開場後に使用される「見学コース」からの場内見学、各街区を巡る宝探し、クイズ大会、ターレ体験試乗会、模擬せり、各種団体によるステージイベント、そしてお目当てオリジナル凧を作り、豊洲市場の空に揚げる“凧揚げワークショップ”、湾岸が一望できる“屋上緑化広場”を特別開放します(軽食可)などなど盛り沢山でした。

豊洲市場看板

豊洲市場の見取り図

豊洲市場は道路で大きく4つに区切られた広大な敷地を持ちます。その配置を当日のイベントチラシからご紹介。方角的には上側が都心です。

左上の水産仲卸売場棟の屋上が芝生が敷かれた緑化広場でイベントなどで開放予定です。左下が水産卸売場棟で見学通路には「築地市場で取引された最大級の国産マグロ」再現オブジェなどがあります。右下が青果棟です。築地市場の場外に当たる賑わい施設千客万来はまだ空き地でした。
「豊洲市場魅力発信フェスタ」イベントチラシ

豊洲市場までの行き方

ゆりかもめの「築地市場駅」が最寄りです。東京駅・築地・銀座方面からは直接来られる電車がなく新橋から乗ることになるでしょうか。現状の新橋〜市場前はレインボーブリッジを通過してお台場を通過する大回りルートなので日常使いには厳しいです。今回豊洲市場へは大江戸線勝どき駅で降りてバスを使いました。将来的には新橋〜豊洲間で築地市場跡を通る環状二号線でまっすぐ来られます。勝どきにはオリンピック選手村が建設され選手の移動にも使われる想定でしたので環状二号線、なんとか間に合わせて欲しいと思います。

▼既に完成して開通を待つ豊洲大橋。工事車両限定で通行しているようです。
豊洲市場から環状2号線

豊洲市場魅力発信フェスタが開催された千客万来予定地。とにかく一個一個の敷地が大きい!

豊洲市場魅力発信フェスタ

ターレ試乗会

築地市場と言えばターレ。築地市場のマスコットキャラもいましたがこちらの方が馴染み深いかもしれませんね。英語ではTurret Truck=円筒形の動力部が特徴の構内運搬自動車です。ターレの動力は電動だそうですが試乗させてもらった所しがみつかないと振り回されるほどパワフル!みなさん降りた後興奮していました。

豊洲市場のターレ試乗会

豊洲市場の見学ルート

各地の市場でも社会見学を受け入れていますが場内に一般客が入ることは衛生上問題があります。豊洲市場は閉鎖型と言って鳥や虫が入り込まず年間を通じて適切な冷温を保つ構造になっています。見学専用通路が設けられ業者や食材と見学者が混じらないようになっています。

▼見学通路の1番奥にある「見学デッキ」豊洲市場の見学デッキ

見学専用入り口から見学用通路を進む。ピンク色の「6.さくらんぼ」「↑見学デッキ」の案内。豊洲市場の見学通路

さくらんぼから覗くと同じ色の通路が広がる。他の色もある。見学通路から場内を見下ろした所

豊洲市場屋上の芝生広場で凧揚げ名人になる!

さて今日のメイン、青果棟屋上の緑化広場を目指しましょう。エレベータを上がって屋上広場まで数百メートルあり規模がとにかく大きいです。豊洲市場屋上

▼豊洲市場屋上緑化広場から汐留方面。清掃工場の煙突、電通本社、コンラッド、六本木ヒルズ。
豊洲市場屋上芝生広場

もう少し左手。晴海埠頭、東京タワーなど。右下のクレーン群はオリンピック選手村を建設中。
豊洲市場屋上芝生広場

芝生はノシバ。既に人夏は経ていて切り芝の境目は見えません。切り芝ではなくロール芝か種かもしれません。
豊洲市場屋上芝生広場

このチクチクするこわい感じがノシバの特徴。よく密集していて夏が楽しみです。
豊洲市場屋上芝生広場のノシバ

あいにくの曇り空で凧が見づらいですがよく飛びます!家族誰でも高く揚げられたのでいい凧揚げスポットのようです。
豊洲市場屋上芝生広場で凧揚げ

ベイブリッジまで遮るものなし!夜景の新名所「豊洲ぐるり公園」

豊洲市場の外周「豊洲ぐるり公園」が2018年4月1日から全面開放されました。今まで一周できませんでしたのでランニングコース的にも助かりますね!都が整備し区への譲渡・無償貸付により区立公園として開放される予定でしたが豊洲市場開場の遅れに伴い延期されていました。今回、赤色部分が新たに通行可能になります。

▼江東区広報資料より
江東区立豊洲ぐるり公園の全面開園_doc

図の通り豊洲ぐるり公園は細い外周と左端の広場部分で構成されています。広場部分は芝生広場になっていて正面は遮るもの無くベイブリッジです!豊洲ぐるり公園

ベンチもたくさんあり夏の昼間は暑そうですが夜景に良さそうです。
豊洲ぐるり公園

豊洲市場寄りの1段高いエリアには複合遊具もあります。駐車場、トイレなどもありますが日差しを遮る物がないため家族でベイブリッジを見に来て、ついでに短時間子供を遊ばせる感じかと思います。
豊洲ぐるり公園の遊具

お台場海浜公園の芝生

2017年の夏はポケモンGOでも賑わったお台場海浜公園。レアなポケモンが多く出ると話題になりました。レインボーブリッジを渡ってお台場に至る入江沿いに広がるお台場海浜公園。砂浜には芝生が生えています。

お台場側からのレインボーブリッジ。正面が地名の由来の砲台跡。
レインボーブリッジ

波打ち際は砂浜だが陸沿いには芝生が広がる
お台場海浜公園の芝生

防風林代わりの松葉と芝。芝生が好む水はけの良い砂地ですが塩分も強いと思われ芝の環境適応能力に感心します。
お台場海浜公園の芝生

プロフィール

「芝生の手入れ.com」のほぼ全ての記事を書いています。都内在住のブロガー/エディター。好きな芝はケンタッキーブルーグラス。育てている芝はコウライシバ・ノシバ、西洋芝のバミューダグラス・JターフⅡ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)