眉山でイノシシが芝生を荒らす、WBCと芝生、秩父宮ラグビー場の芝が傷んでいる件

2017/12/14(木)のニュースには年末ということで今期を振り返るスポーツ選手のインタビュー、徳島でイノシシが芝を荒らす被害、ラグビーのグラウンドの話題などに芝生が登場しました。

松田宣浩選手がWBCを振り返る #プロ野球 #ソフトバンク #WBC

ヤフー系のニュースサイト「THE PAGE」でプロ野球「福岡ソフトバンクホークス」の松田宣浩選手がシーズンを振り返るインタビュー。ソフトバンクは2017年、2年ぶり20度目のリーグ優勝と2年ぶり8度目の日本一に輝きました。その一方松田宣浩選手にとってはWBCで世界一奪還を逃した悔しいシーズンでもありました。

予選ラウンドを突破した小久保ジャパンは3月21日、アメリカと準決勝を戦います。松田選手はサードゴロを軽くファンブル、痛恨の勝ち越し点を許します。普段ならなんでもない打球が、芝を含め慣れない環境で心の準備ができなかったそうです。ソフトバンクの本拠地福岡ドームは人工芝で天然芝との違いがあったものと思われます。→九州の芝生事例

WBC後遺症で打撃は不振に陥るものの奮起した松田選手は5年連続で三塁部門のゴールデングラブ賞を受賞しました。

一瞬、なぜか、集中力が追いつかなかった。だから「投げた」「打った」の時間が飛んだ。
雨で芝は濡れていて、しかも、慣れないドジャースタジアムの天然芝である。
気をとられるものが多い。いつもの心の準備ができていなかったという。

「ミスしなければホームのタイミングはアウトだったと思う」
SBの“熱男”松田が語る「WBC後遺症あった」「3年後に東京五輪目指す」 | THE PAGE(ザ・ページ) / 2017.12.14

徳島市・眉山周辺でイノシシが公園を荒らす被害が相次ぐ #四国 #獣害

四国・徳島市の眉山(びざん)周辺でイノシシに公園などが荒らされる被害が出ています。個体数が増え人家近くへ生息域を広げていると見られています。寺社に入り込み苔を剥がしたり石垣を崩す、公園に入り込み芝生を荒らす事例が出ています。

西部公園は眉山中腹の台地にあり500本のソメイヨシノが植えられ「日本のさくら名所100選」にも選ばれた場所ですがイノシシは眉山全域に生息していると見られています。

眉山中腹にある桜の名所・西部公園(加茂名町)では、今春ごろから芝生を剥がされる被害が発生。公園を管理する市公園緑地管理公社によると、10月に整備し直したが、直後にまた荒らされた。芝の根の間に潜むミミズを狙っているとみられる。
眉山周辺でイノシシ被害続発 徳島市、捕獲策強化【徳島ニュース】- 徳島新聞社 / 2017/12/14

秩父宮ラグビー場の芝が傷んでいる話 # #オーバーシーディング #スポーツ競技場

サンスポのラグビー担当記者 吉田 宏氏によるコラム。最近芝の張替えを行った秩父宮ラグビー場はプレーの度に芝生がめくれ上がりプレーもままならないそうです。このような状況で有料の観客や選手の怪我にホストたる日本ラグビー協会は責任が取れるのか、とい問題提起しています。「最悪の場合は会場を変更することも検討されたが、今週もさらに芝生の張り直しなどを実施して“乗り切る”方向だ」と対応方針も取材されています。

11月23日の早慶戦前までに張り替えが行われたのだが、スクラムを組む度に、大量の芝がめくれ上がり、再度スクラムが組めない状況だ。

モールやラックなどの密集戦も同様で、芝がめくれ上がる度に7、8人の整備担当者が芝生を補修している。
【ラグビーコラム】秩父宮が大変なことに…スクラムを組むたびに大量の芝がめくれる事態の責任は? (1/2ページ) – ラグビー – SANSPO.COM(サンスポ) / 2017.12.13

12/9の試合を見ていた人の感想でも芝がめくれているとしています。

スポーツ競技場に使われる芝草は踏み圧、擦り切れ圧に強い品種が使われますが天然芝を張り替えた場合根付くまで2-3ヶ月の養生は避けられません → 芝生の養生。養生期間を長くすれば芝が定着しますがその期間利用できなくなりますからバランスを取るのがスポーツ競技場の芝管理の課題と言えます。東京の芝生事例に秩父宮ラグビー場について解説しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)