TAG 養生

芝張り後すぐ子供に使わせたくなるものですが根付くまで養生期間を設ける必要があります。一般に芝張りや種まき、エアレーションの後は「養生」として芝生に立ち入らないようにします。養生が必要な理由や期間の目安について。芝生の養生参照。

GINZA SIXの芝生養生

茨城県立カシマサッカースタジアム芝生広場のある公園・スポーツ競技場

【鹿島】カシマスタジアムの芝を5年ぶり張り替え通年緑化&芝生管理ビジネスに乗り出す

スポーツ報知によるとJリーグの競合鹿島アントラーズの本拠地「カシマスタジアム」が5年ぶりに芝生を全面張り替え、サッカースタジアムとしては世界初となる「シーショア・パスパラム改良型」という芝の新品種を採用したそうです。通年常緑化によりカシマスタジアムの稼働率を上げると期待されています。

芝公園と東京タワー芝生広場のある公園・スポーツ競技場

港区・芝公園、増上寺、プリンス空中庭園の芝生広場

港区の芝公園、増上寺、東京プリンスホテル、ザ・プリンス パークタワー東京一帯は大きな緑地帯となっています。芝公園には大きな芝生広場があり子供を遊ばせたりピクニックするのに適しています。また増上寺脇の階段を上がるとザ・プリンス パークタワー東京の敷地に「プリンス空中庭園」の芝生広場があり東京タワーが見える公園となっています。

港の見える丘公園芝生広場のある公園・スポーツ競技場

汽車道、赤レンガ倉庫、港の見える丘公園、野毛山公園など横浜の公園の芝生広場

観光地横浜には景観や法面の保護用など様々な芝生の活用方法を見られます。桜木町から汽車道を抜け赤レンガ倉庫に至る観光ルート、レインボーブリッジの夜景で有名なデートスポット港の見える丘公園、山側は野毛山公園の芝生広場をご紹介します。

山下公園の芝生広場芝生広場のある公園・スポーツ競技場

横浜で芝生広場がある公園:山下公園、臨港パーク、新港パーク(ピクニック・子連れ)

横浜には山下公園を始め大きな芝生を持つ公園が沢山あります。海沿いでは臨港パーク、新港パーク、汽車道、赤レンガ倉庫に綺麗な芝生があります。少し登ると港の見える丘公園にも芝生があります。おすすめは山下公園、臨港パーク、赤レンガ倉庫です。

フクダ電子アリーナの芝生芝生広場のある公園・スポーツ競技場

砂ぼこり対策でフクダ電子グラウンドに天然芝敷設!JAPAN JAM運営のロッキング・オンからの寄付活用

千葉日報によると千葉市は砂ぼこりが問題となっていたフクダ電子グラウンドに天然芝を整備します。フクダ電子アリーナそばのフクダ電子グラウンドは土の多目的グラウンドで少年野球やソフトボール、ロックフェスの「JAPAN JAM」会場として利用されてきました。フクダ電子グラウンドは2018年3月に天然芝を敷設し費用の半分は「JAPAN JAM」運営のロッキング・オン・ジャパンからの寄付を活用します。

ティフトン芝生広場のある公園・スポーツ競技場

高校サッカー上位校は人工芝+照明設備の練習環境が多い?

年末年始は全国高校サッカー選手権の時期。男子決勝は好試合と評判でした。J1では天然芝またはハイブリッド芝の使用が義務付けられていますが高校サッカーでは練習機会が増える人工芝グラウンドのメリットが出ています。サッカー強豪校では人工芝グラウンド+照明設備、サブグラウンド有りという構成が見られます。

芝生芝生広場のある公園・スポーツ競技場

大学生が芝生カフェのクラウドファンディング、大仁田厚と横浜スタジアムの人工芝の関係

2017年12月25日の芝生の話題ピックアップは京産大のゼミ生が商店街活性化のため「スローライフな芝生カフェ」のクラウドファンディングをしている件、テリー伊藤と大仁田厚の対談で人工芝の養生に経費がかかって利益はそれほどでもなかった話の2本です。

ケンタッキーブルーグラス芝生広場のある公園・スポーツ競技場

松本山雅FCの本拠地アルウィンが芝生全面張替え、古い芝は学校や広場へ移植 #Jリーグ #スタジアム

サッカーのJリーグ松本山雅FCの本拠地長野県松本平広域公園総合球技場(愛称アルウィン)が2001年のオープン以来初となる全面芝張り替えを実施中。剥がされた芝はホームタウンの松本市や安曇野市、塩尻市の公共施設など15箇所に譲渡されました。

赤レンガ造りの東京駅舎と丸の内駅前広場の芝生芝生広場のある公園・スポーツ競技場

東京駅 駅前広場オープン!芝生ゾーンも整備

JR東京駅丸の内駅前広場が3年の工事を経て2017年12月7日全面開業、芝生広場が新設されました。創建当時の赤レンガを再現した2012年の東京駅舎リニューアルと合わせオリンピックを迎える東京の顔となります。皇居側に伸びる「行幸通り」の沿道も芝生が再整備されました。

ティフトン芝生広場のある公園・スポーツ競技場

芝がひどい?!“秩父宮ラグビー場”の芝生管理

秩父宮ラグビー場は「西の花園・東の秩父宮」と称されるラグビーの聖地。芝生は一般家庭の庭以外に公園や校庭のレクリエーション、法面・屋上の緑化、スポーツ競技のグラウンドなど様々な場所で使われています。試合数の多い秩父宮ラグビー場は芝が痛みやすく度々話題になってきました。秩父宮ラグビー場の芝生管理の経緯を調べました。