繁殖力旺盛なティフトンで芝生を作る

芝と言えば高麗芝が多い中一般家庭でも注目されるティフトン芝。ティフトンはバミューダグラスの仲間で「419」は旧国立競技場でも採用されていた実績ある芝草です。ポット苗を植えると数ヶ月で全面が覆われる鳥取方式など旺盛な繁殖力を活かした芝生づくりが可能です。

芝草の中で最も横方向の生長が早いティフトン

ティフトン(Tifton)は西洋芝のバミューダグラスを品種改良した芝草で暖地性芝草(夏草)の中で匍匐茎()の生育が最も盛んな品種です。暖地性芝草(夏草)なので冬は地上部が枯れ地下部分は休眠します。

元々バミューダグラスは世界の暖地で最も利用され耐暑性、耐旱性、踏圧や擦り切れ圧にも強い芝草です。暖地型芝草でありながら西洋芝ならではの葉の繊細さ、柔らかさを併せ持ちます。

バミューダグラス自体もランナー(匍匐茎)がよく発達し生長も早い特徴を持ちますがティフトンは葉がより細く、刈り込みや踏圧からの回復が早く密度が高く美しい芝を形成します。旧国立競技場などサッカー場などのスポーツターフとして利用されています。日本では関東以西で使われています。

またオーバーシーディングでは春のトランジションで冬芝に負けない生長力が必要で高麗芝は押し負けてしまうことがあります。そのためオーバーシーディングのベースにティフトン芝を使う場合があります。

▼ティフトン芝
ティフトン

ポット苗で流通するティフトンと植え方

ティフトンはバミューダグラスとアフリカギョウギシバの交雑種で染色体が3媒体の植物のため種子では流通しません。そのためポット芝やストロン苗で流通します。

「鳥取方式」とはティフトンの匍匐茎(ランナー)による旺盛な繁殖力に注目して1平米あたり4個ポット苗を植えると3ヶ月で庭全面を覆われる芝張り方法です。「鳥取方式」はベタ張りに比べ1/10程度と劇的に安く済むのに全面芝生になるのが早いのが特徴で植え付けは6月下旬が推奨されています。

ティフトンのメリットとデメリット

ティフトンの最大のメリットは芝生の初期費用を抑えた上で全面芝生になるのが早い所です。また回復力に優れるので公園やスポーツ競技場など利用者が多い場所に適しています。デメリットは種子で流通しないこと、管理に手間がかかることで生長が早いため6月〜9月の長期間週一の芝刈りが必要です。

「リビエラ」などティフトン並の特質を持ち種子で流通する芝

バルコニーで芝生チャレンジで使用しているバミューダグラスの仲間「リビエラ」はティフトン同等の特質を持ちながら種子で流通します。更にティフトンより擦り切れに強く、低刈りに耐え、日本芝よりも干ばつに強く長期の滞水に耐えるなど優れた性質を持ちます。発芽後の初期育成がやや遅いため養生期間は必要ですがティフトンより優れた特徴が多い品種です。

▼リビエラの種子は1kg(60〜100平米)で1.2万円程度。

プロフィール

「芝生の手入れ.com」のほぼ全ての記事を書いています。都内在住のブロガー/エディター。好きな芝はケンタッキーブルーグラス。育てている芝はコウライシバ・ノシバ、西洋芝のバミューダグラス・JターフⅡ。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)