公園の芝生管理事例【東京都】

東京都の都市公園など出先の公園で見かけた芝の状態と管理の例。足立区千住大橋さくら公園の芝更新など。

足立区千住大橋さくら公園

北千住の千住大橋さくら公園は京成本線千住駅近くのショッピングセンター「ポンテポルタ 千住」に隣接する公園。2012年に開園した新しい公園でみどりの小山にこども広場、真ん中に芝生の「みどりの広場」があります。4隅から出入り口があり隣が大きなショッピングセンターで通行が多い状況です。

千住大橋さくら公園案内図

公園の一角が区切られ養生されていました。砂埃の防止は芝生の機能のひとつ。風が強い場所では校庭やスポーツグラウンドの土埃で洗濯物が、という状況になりがちです。

また芝生がいい公園は利用者が増え、踏圧で痛みやすくなります。芝生を維持するに養生で利用制限しますが不満にならないようコミュニケーションを取っていく必要があります。千住大橋さくら公園ではエリアを区切って順番に更新していくやり方を取りました。

砂ぼこりを防ぐため、芝生を育てています。園内を3つに分けて芝生を植え、この場所は2月末に開放の予定です。(天候により前後します)ご利用にの皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いいします。
足立区 公園管理課

芝生の補修

常緑の冬芝が残っていたので混合西洋芝ですね。2月開放として夏芝にはまだ早いので追いまきした上で冬芝の生長再開時に保護するつもりでしょう。

都市公園再生の成功事例!南池袋公園の芝生管理

2018.01.25

芝生の用途と利用シーン

2017.10.11

プロフィール

「芝生の手入れ.com」のほぼ全ての記事を書いています。都内在住のブロガー/エディター。好きな芝はケンタッキーブルーグラス。育てている芝はコウライシバ・ノシバ、西洋芝のバミューダグラス・JターフⅡ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)