葛飾区2018年に東金町運動場多目的広場の人工芝グラウンド改修を計画

建通新聞によると葛飾区は2018年に東金町運動場多目的広場の人工芝グラウンド改修を計画。多目的広場の面積は1万3877平米。多目的広場は天然芝でしたが2015年に1億〜1.6億円の予算で人工芝化しています。

FCバルセロナスクールのトレーニング場にもなっている「東金町運動場」

葛飾区の東金町運動場は砂入り人工芝のテニスコート6面、少年野球場、多目的広場を持つ運動場で2011年9月に開園。特に13877平米の多目的広場はナイター設備がありサッカー、ラグビー、アメフト、ラクロス、フットサルなどができます。

・ いいピッチだった⚽️👍 ・ #football #fcbarcelona #蹴球家

川北武志 / TAKEYUKI KAWAKITAさん(@take_kawakita)がシェアした投稿 –

東金町運動場多目的広場の芝生経緯

元々天然芝だったようですが経緯を追ってみました。東金町運動場は2011年開園と新しい運動場ですが東京都が水元公園内に都民の憩いの広場(草地の広場)を整備してきた所、葛飾区はスポーツとしても利用できるよう要望、これに応じた都が草地ではなくティフトン芝を張って芝生化、フェンスも整備しスポーツができるようにしています。

  • 2011年09月 東金町運動場多目的広場天然芝工事
  • 2011年11月 東金町運動場多目的広場夜間照明整備工事
  • 2015年04月 東金町運動場多目的広場人工芝生化工事
  • 2018年??月 東金町運動場多目的広場人工芝生改修工事

入札記録によると人工芝化には2億4000万弱かかったようです。葛飾区公式サイトはバージョンアップのため、2015年にトップページを除く各ページのURLが変更されていて困りましたが葛飾区教育委員会の議事録から人工芝化の目的を確認できました。オーバーシードしていたかわかりませんが暖地型芝草()のティフトンとペレニアルライグラスと切り替えていたなら春、秋に1ヶ月以上芝生の養生が必要だったと思われます。

目的でございますが、現在、東金町運動場多目的広場につきましては、天然芝生でございまして、良好な状態を保つため、養生期間を適切に設けなければなりません。このため、養生期間を設けることなく利用できる人工芝生化を施すとともに、あわせて、既存のフェンス高を高くする改修を行うものでございます。
2016/2/5 第2回定例会教育委員会議事録

最後の多目的広場人工芝生改修工事については2018〜2022年を対象とする「葛飾区スポーツ推進計画」の中で充填剤をよりクッション性の高い樹脂チップに入れ替えるとしているものと思われます。現在充填剤としては砂を使っています。

シャクシャクピッチ。

Kazuki Tachibanaさん(@tachibanakazuki)がシェアした投稿 –

まとめ:東金町運動場多目的広場の人工芝グラウンド

憩の広場にスポーツができる機能を持たせるためティフトンで天然芝化、利用期間を増やすため人工芝化、バルサスクールにも利用されクッション性を高める予算も付いて改修ということで東金町運動場多目的広場は順調な活用状況のようです。