最新記事

芝生の除草剤まとめ

芝生の雑草:クローバー

草取りできないくらい芝生の面積が広い場合は除草剤も選択肢。根から再生してしまう除去困難な雑草にも有効です。万能ではなく効く対象が決まっている選択性となんでも枯らしてしまう非選択性の除草剤がありますから利用目的に合っているか確認必須です。

芝生の草取りの基本

、クローバー、、いずれも面倒な雑草です。芝生の雑草には芝刈りに耐えられる、地上部を取り除いても地下の根や地下茎から再生してしまう雑草があります。これらは草取り鎌や草取りフォークなどで根ごと抜くのが基本です。また雑草は芝生のエリアではなく周辺からも侵入してきます。見かけたら予防処置として取り除きましょう。芝生の雑草の種類と対策についてはこちら。

除草剤の種類と雑草を枯らす仕組み

芝を含め全て枯らす除草剤、特定の芝草には使える除草剤がありますので除草剤の種類と適用範囲を抑えておくことは重要です。

芝も雑草も枯らす「非選択性除草剤」

除草剤には雑草だけでなく芝も同時に枯らしてしまうタイプがあり「非選択性除草剤」と呼びます。では非選択性除草剤が全く使えないかというとそうではありません。ハケで雑草に直接塗るなどの方法で目的の雑草を枯らせます。

雑草だけ枯らす「選択性除草剤」

雑草は枯らして芝には無害な除草剤は「選択性除草剤」です。芝草もイネ科の植物ですが芝には無害な除草剤も開発されています。「日本芝には使えるが西洋芝には使えない」場合がありますから撒いてから後悔しないよう事前の確認が必要です。

芝生のイネ科雑草の代表的な種類はオヒシバやスズメノカタビラ、広葉雑草ではキク科やアブラナ科、スギナ、クローバーなどが挙げられます。また一年生雑草/多年生雑草、コケ類、難防除雑草などの分類も使われます。

除草剤の例

除草剤が雑草を枯らす仕組み

雑草の光合成を阻害する、植物の生長に必要なホルモンを撹乱する、植物が枯れる活性酸素を生成させる、アミノ酸や脂肪酸などの栄養代謝を阻害する細胞分裂を阻害する、などの手法があります。

「茎葉処理剤」と「土壌処理剤」

除草剤は既に生長した雑草を枯らす「茎葉処理剤」と生える前の時期に撒いて生長を阻害する「土壌処理剤」の2種類に分けられます。

効果的な雑草対策

・芝張り前、種まき前に非選択性除草剤で雑草を枯らす
・雑草が出る前に土壌処理除草剤で除草&予防、更に広葉雑草を選択性の茎葉処理剤で個別対処
という除草剤それぞれの特徴を組み合わせた対策が効果的です。

除草剤の使用時期と使い方

土壌処理剤は雑草が芽生える前の春〜初夏、秋口など芝張りに適した時期と同じ頃が適しています。茎葉処理剤は対象の雑草の生育時期によってきます。

除草剤の使い方にはシャワー剤、スプレー剤、顆粒状の粒剤、微粒剤などそのまま使用できる物、乳剤、水和剤、液剤、水溶剤など水で希釈して撒く物があります。一般に粒剤、微粒剤は効果が出るまで1、2週間かかりますが数ヶ月効果が持続します。シャワー剤やスプレー剤は葉に直接触れる分効果が早くなります。

また「展着剤」には茎葉処理剤が植物から流れ落ちないよう付着させる効果があります。
参考:展着剤の役割と使い方 | 日本農薬株式会社

代表的な除草剤

」シリーズ、「シバニード」シリーズ、ラウンドアップ、MCPP、アージラン、シマジン、トリビュート、グリホサート、ザイトロンなど。

目的の雑草から選ぶ除草剤

スズメノカタビラ/ススキ/スズメノヒエ/オヒシバ/メヒシバ/カヤ/チガヤなどのイネ科雑草、スギナ/クローバー//シロツメクサ/タンポポ/ヨモギ/ドクダミ/チドメグサ/などの広葉雑草、ゼニゴケなどのコケ類に効く除草剤。その他キノコ類、笹、ハマスゲなどカヤツリグサ類など。

芝生の除草剤「シバキープ」シリーズ

「シバキープ」はレインボー薬品の芝生向け資材のブランドです。除草剤以外にサッチ分解剤や液肥、害虫駆除の殺虫剤も出しています。

土壌処理型(除草+雑草予防)芝生用:雑草発生前〜発生初期に適しています。効果は約3ヶ月持続。商品名は「シバキープⅡ粒剤」、「シバキーププラスα」

茎葉処理型(除草)芝生用:雑草の葉や茎から成分が浸透するので効き目が早いです。商品名は「シバキープAL」、「シバキープALエコパック」、「シバキープエースシャワー」、「シバキープPro顆粒水和剤」

シバキープⅡ粒剤:高麗芝など日本芝に使える土壌処理剤の定番

Amazonでも「毎年使っています」「梅雨前の雑草対策に」と多くのレビューが付いています。「シバキープⅡ粒剤」の成分はシアナジン・メコプロップPカリウム塩粒剤。

  • (こうらいしば)の中に発生したメヒシバやスズメノカタビラ等の一年生イネ科雑草や、ヤハズソウ等の一年生広葉雑草をはじめ、クローバーやスギナ等の多年生広葉雑草にも効果を発揮(雑草発生前から発生初期まで)
  • しつこいスギナにも効果
  • つつじ類の下草(一年生雑草)の除草にも使えます
  • 効き目は天候や土壌条件により違いますが、3週間前後で雑草を枯らし、約3ヶ月雑草の発生を抑えます。
  • 植物だけがもつ生理代謝機能を阻害して雑草を枯らします。

使う時期は雑草の生える前から生え始めで使い方は芝生全面に「シバキープⅡ粒剤」を撒きます。

「シバキーププラスα」は「シバキープⅡ粒剤」とは別の成分を使用していてメヒシバやスズメノカタビラ等のイネ科一年生雑草に効きます。肥料も含んでいて除草・肥料効果とも3ヶ月持続します。日本芝(こうらいしば)に使用できます。

シバキープAL:スポット除草に便利な芝生に使える液状除草剤

「シバキープAL」は液体の茎葉処理剤で成分はMCPP液剤です。日本芝(こうらいしば)とケンタッキーブルーグラスの中に発生した、スギナ、シロザ、コニシキソウ、タデ類、イヌビユ、ブタクサ等の広葉雑草に効果を発揮します。イネ科雑草には効きません。

天気の良い日に散布してください。散布後6時間以内に雨が降ると成分が流されて効果が劣ることがあります。

シバキープPro顆粒水和剤:西洋芝にも使えて効果が3ヶ月持続

日本芝(こうらいしば)と西洋芝(ケンタッキーブルーグラス、ベントグラス、バーミューダグラス)の中に生える雑草に散布するだけで、約3ヶ月効果が持続する芝生専用の除草剤です。

  • pシバキープPro顆粒水和剤」は日本芝や西洋芝に使えて、一度散布するだけで約3ヶ月効果が持続する芝生用除草剤です。
  • 芝生の中に発生した各種一年生・多年生広葉雑草に効果があり、枯れにくいヒメクグやハマスゲにも効果があります。

シバキープProサッチ分解剤:イデコンポ配合。微生物で分解促進!

サッチ分解剤として定評がある出光興産開発の「イデコンポ21S」を配合しています。シバキープProサッチ分解剤はサッチをバチルス菌の力で分解します。

「シバキープ」スミフェート粒剤:ヨトウムシに効く殺虫剤

有機リン系のアセフェートを成分とする殺虫剤です。「シバキープ」スミフェート粒剤はそのままパラパラ撒くだけでスジキリヨトウ・シバツトガ・タマナヤガなどの害虫に効きます。

芝生の除草剤「シバニード」シリーズ

「シバニード」は住友化学園芸の芝生向け資材のブランドです。住友化学園芸は家庭園芸向け商品を主力としており園芸店・ホームセンター・ドラッグストアなど入手しやすいはずです。芝生の除草剤関連商品は「しつこい雑草退治スプレー」「シバニードアップ粒剤」「シバニードグリーン粒剤」「シバニードシャワー」。

しつこい雑草退治スプレー:広葉雑草に効き即効性ある除草剤

スプレー式で狙った雑草にピンポイントで吹きかけられる除草剤です。カタバミ、クローバーをはじめ、スギナなどしつこい広葉雑草に効果があります。「しつこい雑草退治スプレー」の成分はトリクロピルでイネ科雑草、オオバコ、スイバには効果がありません。日本芝に使用でき西洋芝には薬害が有ります。効果は数日で表れます。

シバニードアップ粒剤:高麗芝など日本芝のイネ科雑草に!

粒状で使用方法はそのまま撒くだけの除草剤です。「シバニードアップ粒剤」はAmazonでもその手軽さで好評。成分はシアナジン・DBNで「シバキープⅡ粒剤」と似ています。「シバニードグリーン粒剤」は「シバニードアップ粒剤」に肥料を配合した商品です。

  • 芝生内のメヒシバ、スズメノカタビラ等の一年生イネ科雑草や、オオアレチノギク、カラスノエンドウ等の退治に効果的です。
  • 散布後5~10日で枯れ始めます。
  • 約3カ月効果が持続します。
高温時は芝生に薬害あり、と明記されていますので夏に撒かないよう注意しましょう。

  • 草丈の高い雑草には効きにくいので注意。雑草発生前や草丈の低い時期(目安として 5cm以下)に散布します。
  • 高温期や異常乾燥時、芝生が弱っている時は薬害発生の恐れがあるので使用しない。
  • 砂土では薬害発生の恐れがあるので使用しない。

シバニードシャワー:スギナに効く液体除草剤

シャワータイプでそのまま散布するだけの除草剤です。「シバニードシャワー」の成分はMCPP-Kでしつこいスギナに効きます。日本芝、西洋芝のケンタッキーブルーグラスに使用できます。効果は3~7日と早く表れます。「シバキープAL」と同等と言えそうです。

MCPソーダ塩:クローバー、チドメグサに良く効く

難防除雑草として知られるクローバーによく効くと評判。「MCPソーダ塩」はAmazonの口コミでも「クローバーなんか一網打尽」「チドメグサを壊滅!」と感激の声。日本芝とケンタッキーブルーグラスに使用でき水で希釈して散布します。

シバゲンDF:しつこいハマスゲなど幅広い雑草に効く

「シバゲンDF」は石原産業が開発した除草剤でアミノ酸生合成阻害して雑草を枯らします。日本芝、バミューダグラスに使えて色々な雑草に効くのが特徴。茎葉処理効果と土壌処理効果を併せ持ちます。雑草が完全に枯れるまで春夏期で20~30日、秋冬期で30~40日程度かかるので、効かないと勘違いしてまき直さないでOKです。またベントグラスなど寒地型西洋芝には薬害を生じるので使用できません。

イネ科、カヤツリグサ科、一年生から多年生までの広葉雑草に幅広い殺草スペクトラムを有します。
有効成分フラザスルフロンは茎葉及び根部から吸収され、植物特有の分岐アミノ酸の生成を司るアセトラクテート合成酵素(ALS)を阻害する事によって殺草作用を発揮します。「シバゲンDF」は一年生雑草から多年生雑草およびハマスゲ、ヒメクグ等の多年生カヤツリグサ科などに対して幅広い効果をもつ薬剤です。

幅広い処理適期を有する「シバゲンDF」
雑草の発生揃い期から生育初期で高い茎葉処理効果を示します。また、処理後の雑草の発生を抑えることができます。従って、雑草発生前~生育初期の幅広い時期に使用することができます。土壌処理効果として、標準薬量0.02g/㎡で春夏期で40日程度、秋冬期では4ヶ月程度雑草の発生を抑制します。

「シバゲンDF」は日本芝には非常に影響が少なく、休眠期、生育期を問わず使用できます。
雑草体内への取込みが早いので、薬剤処理後3~5日で刈込みをすることができます。

グリーンアージラン液剤、ザイトロン液剤など他の除草剤との組合わせにより難防除雑草の防除が図れます。

特徴と使い方はシバゲンDFのページ参照。

MCPP液剤:クローバー/カタバミ/スギナなど広葉雑草に効く

「シバキープAL」「シバニードシャワー」「MCPソーダ塩」などはMCPP、MCPA、MCPソーダ塩などを成分とし植物の成長ホルモンバランスを乱して枯らします。MCPP液剤は単体でも普通に買えます。日本芝とケンタッキーブルーグラスに使用できイネ科雑草には効きませんが難防除雑草のクローバー、スギナに効くのが特徴です。使い方は水で希釈して噴霧器でまきます。イネ科雑草に効くアージラン液剤と広葉雑草に効くMCPP液剤をセットで使うことが有ります。

真夏など高温時には芝生に薬害が生じることがありますのでMCPP液剤 | 丸和バイオケミカル株式会社グループのQ&Aを読んでから使用しましょう。

アージラン液剤:メヒシバやスズメノカタビラなどイネ科雑草に効果的

理研グリーンから出ている「グリーン アージラン液剤」などのアージラン液剤は日本芝に使用でき雑草育成初期のイネ科雑草に効くのが特徴です。イネ科雑草とハマスゲなどカヤツリグサ科雑草が混在してる場合シバゲンDFとアージラン液剤を組み合わせて使用します。

イネ科雑草から広葉雑草まで、幅広く防除
アージラン液剤は防除の難しいイネ科雑草であるメヒシバやスズメノカタビラに効果的です。広葉雑草では、特にキク科雑草(アレチノギク、ヒメジョオンなど)に有効です。

日本芝での高い安全性
日本芝の生育期(春夏期、薬量0.4~0.6ml/m²)から休眠期(秋冬期、薬量1.0~1.25ml/m²)まで、幅広く使用できます。

人畜毒性、環境影響の少ない薬剤です
毒物に該当しない普通物で散布後は芝地表面に留まらず、植物体内または土壌中で比較的速やかに分解されます。

DBN(カペレン粒剤、カソロン粒剤)

DBNは「シバキーププラスα」「シバニードグリーン粒剤」にも配合されてる成分でカペレン粒剤、カソロン粒剤として売られています。日本芝に使用できヨモギ、ヤブガラシ、スギナ等の多年生雑草に効きます。秋から春に使用すると初夏まで雑草の発生を抑えます。

ハイポネックス カペレン粒剤

DBNを成分とする除草剤です。錠剤タイプでまくだけで数ヶ月効果が持続する土壌処理剤です。

カソロン粒剤

DBNを成分とする除草剤です。

ザイトロンアミン液剤:クローバー、チドメグサに効く

トリクロピルを成分とする除草剤で日本芝に使用できクローバー、チドメグサなど幅広い広葉雑草に効きます。イネ科雑草に効くアージランと併用されます。

  • トリクロピルは、オーキシン阻害系の除草剤で、茎葉により吸収され植物体内の生長の盛んな部位に移行して細胞分裂・伸長を阻害し、植物体全体を枯死に至らせます。
  • ザイトロンアミン液剤はフェノキシ系除草剤では一般に効きにくいチドメグサや多年生のマメ科やキク科雑草に優れた効果を示します。

ラウンドアップ:グリホサートでなんでも枯らす非選択性除草剤のベストセラー

ラウンドアップ (Roundup)はアメリカのモンサント社が開発した除草剤の商品名。公式サイトで「ラウンドアップマックスロードで枯れない草はほとんどありませんが」と謳う強力な除草効果を持ちます。農業分野では遺伝子操作によりラウンドアップ除草剤に耐性を持つ作物が利用されるなど世界的なベストセラー。成分はグリホサートで葉茎から吸収され根まで枯らします。特許が切れたため「サンフーロン」「エイトアップ」「グリホ◯◯」など各社からジェネリック薬的な商品が出ています。

適用雑草と使用方法|除草剤ならラウンドアップマックスロード では適用雑草の多さから表内検索が付いているくらいなんでも枯らします。

ラウンドアップで日本芝()の雑草を枯らすには?

ラウンドアップマックスロードを5〜10倍に薄めて筆やハケを使って芝生の中の雑草に塗ります。ビニール手袋の上から軍手をし、5〜10倍液にひたして枯らしたい雑草を握りしめると効率的です。芝に付着すると枯れますので液垂れや塗布した雑草を踏んだりしないよう注意しましょう。