TAG 日本芝

「日本芝」は芝草の品種の分類。芝生は「日本芝」と「西洋芝」の2種類に分けれられ全ての「日本芝」は夏芝。日本芝と西洋芝の違いについてはこちら

「日本芝」の特徴

「日本芝」は元々日本に自生していた品種で日本の気候に合い「高麗芝」は日本で1番使われている芝草。高温多湿に強く、乾燥に耐え、病害虫に強い。20度以上で生育し10度以下では地上部が枯れ休眠状態となる。

また西洋芝より土壌を選ばず葉の伸びが少ないため芝刈りの手間などメンテナンス工数が少ない特徴がある。ノシバなど種が流通している品種もあるが基本的にタイル状の「切り芝」を「張芝」するのが一般的。

「日本芝」の「冬枯れ」

日本の秋から冬、10度以下になる11月〜3月頃には地上部の葉が褐色に枯れ休眠状態となるが地下部分は生きていて春になると芽が出て生育を再開する。これを「冬枯れ」と呼ぶ。一年中常緑を目指すなら秋に西洋芝の種を撒く「オーバーシード」を検討する。

「日本芝」の使い方

代表的な品種のノシバと高麗芝で言うと、ノシバの方が寒さに強く東北以南から使用できる。ノシバは葉が4mm程度と太く触感もチクチクして密度は粗い。そのためノシバは「芝生でありさえすれば良い」あるいは「西洋芝ほど手入れの工数をかけたくない」場合、具体的にはグリーンのラフや公園、法面などに使用される。一般家庭ではより葉が細くて柔らかい高麗芝が一般的。

北海道は10度以下の期間が長いため日本芝には向いておらず寒地型西洋芝のケンタッキーブルーグラスが良く使用される。

フェスク類芝生の道具

芝生の除草剤「シバキープ」シリーズの特徴と使い方

「シバキープ」シリーズはレインボー薬品の芝生向け除草剤ブランド。家庭向け芝生除草剤分野の定番商品でサッチ分解剤や液肥、害虫駆除の殺虫剤もあります。様々な雑草に効く土壌処理剤「シバキープⅡ粒剤」、よりイネ科に効く「シバキーププラスα」は肥料も付加、スギナに効く液体タイプの「シバキープAL」、ヒメクグやハマスゲに効く「シバキープPro顆粒水和剤」などがあります。

芝生の雑草:オヒシバの穂芝生の道具

芝生の除草剤「シバニードアップ」シリーズの特徴と使い方

「シバニードアップ」は住友化学園芸の芝生向け除草剤。即効性のある「しつこい雑草退治スプレー」、土壌処理剤で効き目の長い「シバニードアップ粒剤」、「シバニードアップ粒剤」に肥料を加えた「シバニードグリーン粒剤」、スギナなど一年生広葉雑草に効く「シバニードシャワー」、チドメグサやクローバー対策に「家庭園芸用日産MCPソーダ塩」など除草剤の特徴と使い方。

タキイ種苗:バミューダグラス リビエラの種子芝生の植え方(張り方)

芝生の種まき 時期と方法

種まきで芝生を作る方法。種まきには高麗芝など切り芝を張る方法と比べ芝生造成の初期コストが安いメリットがあります。日本芝のノシバでも発芽促進された種子があり西洋芝でも暖地型芝草のバミューダグラスなど種を使える芝草が出回っています。夏芝をベースに冬芝をオーバシードして常緑を保つ際も種まきします。

芝生ブログ

プランターに西洋芝(バミューダグラス)を植えバルコニーで育てる【DAY1】

「屋内で冬でも芝生チャレンジ」でノシバを植えましたが比較用に冬でも緑な冬芝(寒地型芝草)のバミューダグラスを植えてみました。こちらは「バルコニーで芝生プロジェクト」とします。バルコニーは洗濯物を干すくらいしか使っていませんが芝生の緑で彩りが出るでしょうか。