【募集中】本サイトにご協力いただける企業様

記事の改善・強化にご協力いただける企業様を募集します!

「芝生の手入れ.com」はお陰様で「芝生」4位、「目土」3位、「芝生 バリカン」2位、「芝生 肥料」「芝生 害虫」「芝生 病気」1位など多くのキーワードで検索上位を獲得しています。
その結果…



その結果、芝生バリカン100台以上、ネメデールが180本、MCPP液剤が150本、シバキープとシバニードアップのシリーズがそれぞれ数百個売れるなど大きな効果がありますがより専門的な知識・レビューを増やしたいと考えています。

例えば薬剤の特徴や効果の資料提供、製品のレビュー、担当者様のインタビュー記事、取材記事などの機会をいただける企業様、お待ちしています。広告を出したい方もお気軽にご相談ください。お問い合わせはこちらをクリック!

芝生の穂が出たら?

稲なら稲穂が出るように芝草もイネ科、穂が出ます。緑色のイメージが強い芝生ですがノシバ・コウライシバ共に紫色っぽい穂が出ます。適度に芝刈りしていれば見る機会が少ないはず。穂に栄養が取られる前に芝刈りしましょう。

芝生にの穂が珍しい理由

芝生を見慣れている方ほど穂が出ると驚くようです。芝生を3cmくらいに維持していると穂が伸びる機会がないからです。実際には公園など放置気味の芝生でノシバなら春、コウライシバなら春と秋、西洋芝なら初夏から夏に穂が出ることがあります。

考えてみれば芝草もイネ科の植物なので穂を出し種を付けるのが当たり前です。ただしノシバやコウライシバは発芽率が低く匍匐茎()が繁殖の主体です。

芝草が穂を付けるのは一概に悪いことではありませんが美観を損ね、伸びすぎのサインでもあり、穂が生長しても特にメリットはないので芝刈りして栄養を取られないようにすると良いでしょう。

▼芝草の穂。コウライシバは春・秋に穂を出す
芝生(ノシバ)の穂

ノシバの穂

港区の寺社でゴールデンウィークにノシバの穂を確認。上からはわかりづらいですが斜めから見ると立ち上がった穂が目立ちます。
ノシバの穂
▼密度が粗く葉幅が太いノシバの特徴が出ている(東京都内、5月)
ゴールデンウィークのノシバの状態

プロフィール

「芝生の手入れ.com」のほぼ全ての記事を書いています。都内在住のブロガー/エディター。好きな芝はケンタッキーブルーグラス。育てている芝はコウライシバ・ノシバ、西洋芝のバミューダグラス・JターフⅡ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)