最新記事

芝生の手入れ8月の作業は?

野川公園の芝生

8月の日本は熱帯夜の日も出る暑い時期。コウライシバは繁殖最盛期を迎え週一で芝刈りが必要です。寒地型の西洋芝は夏枯れリスクがあり毎日午前中の水やりが必要な上病害虫も出ます。芝生の手入れは芝刈り、エアレーションなどの更新作業、草取り、水やり、病害虫の防除があります。

その土地の気候によって芝生の管理も変わりますがここでは暖地型芝草の代表で高麗芝(コウライシバ)、寒地型芝草の代表で西洋芝、エリアは関東以西の想定で説明します。

8月の気候と芝生の生育状況

東京なら8月の平均気温は27度、最低気温でも23度と暖地型芝草の生育適温25〜35度が維持され生育の最盛期になります。一方寒地型芝草の生育適温は5〜15度で10度以上高くなる8月は夏枯れリスクが高まります。

8・9月は芝生の種をまく秋まきの適期

暑さが和らぐ8・9月は芝生の種まきの適期です。芝生の種まきは春まきと秋まきがありますが特に寒地型西洋芝=西洋芝は秋まきが推奨されています。暑さに弱い西洋芝は枯れてしまって夏を越せないリスクが有るためです。発芽して定着した所で冬を迎えるのが理想です。

西洋芝など芝生の種まき 時期と方法

2017.11.08

8月のコウライシバ(暖地型芝草・)の手入れ

2週に1回〜2回程度芝刈りします。刈り込みによって匍匐茎で横に伸び傷んだ部分が修復されます。

エアレーションなどの更新作業

土に穴をあけ根切りすると芝に負荷がかかるので回復した後秋を迎えるよう逆算して作業します。

草取り

コウライシバが勢いが良い時期は雑草が生えづらい時期。取り残しの雑草があれば除去します。

芝生の除草剤まとめ

2017.11.13

水やり

コウライシバは乾燥に強い芝ですが雨が降らない乾燥した日が続く場合は水やりします。葉が針のように丸まったら乾燥しすぎのサインです。

施肥

化成肥料30g/m2与えた後水やりします。生育のピーク7・8月で効果があります。

病害虫

生育がおう盛な8月は病気の心配はありません。夏までに傷んでいた箇所も修復されるはずです。ヨトウやツトガが発生しても芝の勢いのほうが勝り問題になりません。

8月の西洋芝(寒地型芝草・)の手入れ

芝刈り

ほぼ生育停止しているので芝刈りは月1回程度でOK。

病害虫

芝が弱っているので病害虫が出やすい時期です。ダラースポットやラージパッチなどの病気が出ます。ヨトウやツトガも出るので都度対処します。

芝生が枯れた?6つの原因と対策

2017.12.12

芝生の害虫駆除(種類と殺虫剤)

2017.11.15

草取り

病害虫で枯れや裸地が増えると雑草が侵入してきます。見つけ次第除去します。

水やり

毎日午前中に散水します。スプリンクラーがあると良いでしょう。

施肥

肥料は不要です。

8月の前後7月、9月の芝生の手入れ

8月の前後の月は以下の手入れを行います。7月の梅雨明けを迎えると真夏、コウライシバの生育最盛期です。西洋芝は暑さで弱るので水やり回数を増やします。気温が下がる9月下旬からコウライシバの勢いも落ちてきます。暑さに弱い西洋芝の生長が再開します。

芝生の手入れ7月の作業は?

2018.01.07

芝生の手入れ9月の作業は?

2018.01.18