最新記事

芝生の手入れ7月の作業は?

野川公園の芝生

7月下旬に梅雨が明けると夏本番。コウライシバは生育最盛期を迎え10日〜1週間に1度芝刈りが必要です。西洋芝は梅雨後の高温乾燥で夏バテしがち。2日おきに水やりします。

その土地の気候によって芝生の管理も変わりますがここでは暖地型芝草の代表で高麗芝(コウライシバ)、寒地型芝草の代表で西洋芝、エリアは関東以西の想定で説明します。

7月の気候と芝生の生育状況

東京なら7月の平均気温は25度、最高気温30度以上、最低気温20度以上となります。暖地型芝草の生育適温となりコウライシバは最盛期を迎えます。一方寒地型芝草の西洋芝は梅雨明け後の高温乾燥で夏バテしがちなので頻繁な水やりが必要になってきます。

7月のコウライシバ(暖地型芝草・夏芝)の手入れ

コウライシバの芝刈りがもっとも多い時期に入り月2〜3回=10日から1週間に一度芝刈りします。刈り込むと茎の数が増え芝生の密度が上がります。芝生の密度が上がると雑草が入り込みづらくなります。

草取り

コウライシバに勢いがある時期なので基本的に不要ですがメヒシバは大きな株になると除草剤が効きにくいので早めに取り除きます。

芝生の除草剤まとめ

2017.11.13

梅雨の間は不要です。梅雨明け後雨が降らない日が続くなら水やりします。葉が針のように丸まったら乾燥しすぎのサインです。

施肥

化成肥料30g/m2与えた後水やりします。

病害虫

春先の病気で傷んでいた箇所もその後の生育で回復しているはずです。ヨトウやツトガの被害が出ますがコウライシバに勢いがある時期なので対処しなくても大丈夫です。

エアレーション、サッチかき

数年経った芝生、踏み固められた土地では排水性や通気性を上げるため穴あけする更新作業が有効です。エアレーションや有機物を取り除くサッチかきを1〜2年に一度行います。

7月の西洋芝(寒地型芝草・)の手入れ

水やり

夏の寒地型西洋芝は特に水やりが重要です。梅雨明け後は2日おきに水やりする必要があります。

芝刈り

月2回=2週に1度行います。

施肥

生育が落ちている時期なので与えません。オーバーシーディングしている場合は夏芝を育てるため化成肥料30g〜50g/m2与えた後水やりします。

病害虫

ダラースポットやラージパッチなどの病気が出ます。ヨトウやツトガなどの害虫も出ます。

芝生の病気対策(薬剤)

2017.11.27

7月の前後6月、8月の芝生の手入れ

7月の前後の月は以下の手入れを行います。6月のコウライシバは芝刈りで芝生を密にしていく時期。西洋芝は暑さに負けて生育が衰えてきます。8月もコウライシバは生育最盛期。西洋芝は枯れないよう毎日午前の水やりが必要です。

芝生の手入れ6月の作業は?

2018.01.06

芝生の手入れ8月の作業は?

2018.01.18