【2月】プランターに芝生を植えバルコニーで育てる【5ヶ月目】

西洋芝で夏芝のバミューダグラスを種から育てて5ヶ月目の経過観察です。4ヶ月目は室内に入れ保温した所白カビが発生し大分まばらになってしまいました。一部は3cm程度に伸びそろそろ一回目の芝刈りができそうです。芝生の種まきの一般論はこちら。

これまでの振り返り

屋内で冬でも芝生チャレンジ」でノシバを植えましたが比較用に屋外でバミューダグラスを育てています。こちらは「バルコニーで芝生プロジェクト」とします。バミューダグラスは西洋芝ですが夏芝(暖地性芝草)ですのでノシバや高麗芝同様冬になると地上部が枯れます。

【2月6日】(リビエラ)5ヶ月目の現状

秋に種をまいた時に保温すれば発芽率も良くもっと育った状態で冬を迎えられたかなと思っています。バミューダグラスの現状は1-2cmの小さな株が大多数で数本3cm近く伸びた株があります。バミューダグラスも夏芝=暖地型芝草ですので冬季は枯れるはずですが今のところ生長もしないが枯れもしない現状維持が続いています。

西洋芝など芝生の種まき 時期と方法

2017.11.08
バミューダグラス(リビエラ)0206

【2月6日】バミューダグラス(リビエラ)5ヶ月目の現状

プロフィール

「芝生の手入れ.com」のほぼ全ての記事を書いています。都内在住のブロガー/エディター。好きな芝はケンタッキーブルーグラス。育てている芝はコウライシバ・ノシバ、西洋芝のバミューダグラス・JターフⅡ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)