TAG クローバー

幸運を呼ぶ「四葉のクローバー」は芝生に生えると除草しても除草してもすぐ再生する除去困難な雑草になります。種とランナー(匍匐茎)で増えるクローバー(シロツメクサ・アカツメクサ)の特徴と除草剤など芝生の対策。芝生の雑草としてのクローバーについて。

クローバーの特徴

クローバーはヨーロッパ原産のマメ科の雑草で多年草で明治時代に牧草として導入されたものが野生化しています。クローバーと言う場合はシロツメクサを指すことが多いようですが花が赤いアカツメクサもあります。繁殖力が旺盛で荒れ地にも耐えるため緑化などのグラウンドカバーとしても使用されます。

シロツメクサは種とランナー(匍匐茎)で増えます。ランナーは50cmにも及び地面を這うため刈り込みに強く切断されても節から出た根から独立した株として生育してしまいます。根や匍匐茎に蓄えた栄養からの回復力が強く芝生の刈り込みを増やして抑制はできても根絶はできません。開花期である6月以降に刈り込むと種子からの繁殖は抑えられます。

▼シロツメクサのランナー
シロツメクサのランナー

アカツメクサは種で増えるため刈り込みで根絶可能です。

▼芝生に群生するアカツメクサ
芝生の雑草:クローバー

クローバー対策の除草剤

「MCPP薬剤」がクローバー、カタバミ、スギナに効く除草剤として定評あります。適用できる芝生の品種に限りがあり日本芝、ケンタッキーブルーグラスには使用できるがベントグラス類、フェスク類、ライグラス類には使えません。その場合ハケで葉に直接塗布する方法があります。

「ザイトロンアミン液剤」は多年生広葉雑草に強い除草剤。ザイトロンアミン液剤は茎葉処理タイプの選択性除草剤で日本芝に使用可能です。雑草の茎葉から吸収され体内を移行し、その生理機能を阻害して枯死させます。西洋芝では薬害が生じますので使えません。

芝生の雑草:オヒシバの穂芝生の道具

芝生の除草剤「シバニードアップ」シリーズの特徴と使い方

「シバニードアップ」は住友化学園芸の芝生向け除草剤。即効性のある「しつこい雑草退治スプレー」、土壌処理剤で効き目の長い「シバニードアップ粒剤」、「シバニードアップ粒剤」に肥料を加えた「シバニードグリーン粒剤」、スギナなど一年生広葉雑草に効く「シバニードシャワー」、チドメグサやクローバー対策に「家庭園芸用日産MCPソーダ塩」など除草剤の特徴と使い方。