【室内芝生】ノシバをプランターに植えて発芽するまで約10日【DAY10〜1ヶ月目】

室内で芝生チャレンジの続き。プランターにノシバの種をまいた後発芽が進んでいます。10日頃最初の芽が出てその後一週間、発芽が続いています。プランターは南西の窓際に置いています。芝生の種まきの一般論はこちら。

前回の振り返り

普通は冬地上部が枯れてしまう夏芝を室内で育てればオーバーシードせずに一年中常緑にできるのでは?を検証する試み。前回はプランターに日本芝(ノシバ)を植える【DAY1】 でした。

種を植えて10日目、ノシバの発芽を確認!

約一週間経ちました。乾いたら坦々と水をあげていますが驚くのは水はけの良さ。水はけが良い土壌にしているのだから当たり前なんですけれど水やりしてすぐ水受けトレイに排水されます。

そして10日目、ついに芽が出てきました。ヒョロヒョロしてますね〜。細すぎてピントが合っておらず申し訳ありません。

ノシバの芽

種を植えて11日目、発芽の本数が増える

だんだん、芽が増えてきました。写真でわかるようにあれだけ種をまいたのにまばらで心配です。

ノシバの種をまいて11日目

種を植えて18日目、150本が生える

いつまで発芽が続くのでしょうか?ノシバの種をまいて18日目、数えてみた所150本以上生えています。多いように感じますが折り重なるようにまいた種がこれしか発芽していません。晩秋で気温が低めなのもあり発芽率が良くないようです。

密度が高い辺りの写真です。水やりの後で倒れている葉もありますが長いと1.5cmくらいに成長しています。

ノシバを植えて18日目

種を植えて1ヶ月、発芽は止まった?日当たり改善で成長促進

窓際の日が当たる所に置き、時間によって角度も変えて芝生に日が入るようにしました。1-2日で受け皿の水が蒸発するので温暖な環境になったはずです。種が折り重なるほどまいたのに発芽率が悪いですが10月下旬から急速に気温が下がった影響もありそうです。

ノシバを植えて1ヶ月目

まとめ:ノシバをプランターに植えて1ヶ月

ノシバの種をまいて10〜20日に発芽しました。発芽率は高くなかいものの多くの葉が2cmを超えていて週末だけで5mm程度伸びるなど生長は順調です。まだ地面の面積の方が大きいですがランナーが出れば芝生で覆われそうです。

室内で冬でも常緑芝生チャレンジをまとめて見るには

記事数が増えてきたので室内で冬でも芝生チャレンジのカテゴリーから記事一覧を見られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)