芝生の手入れ3月の作業は?

暖かくなる3月はコウライシバも芽吹く季節。春は西洋芝の生育も盛んで鮮やかな緑色の芝生になります。芝生の手入れとしてはコウライシバの芝張り、張替えや補修、西洋芝では3月後半に一度芝刈りを行います。 その土地の気候によって芝生の管理も変わりますがここでは暖地型芝草の代表で高麗芝(コウライシバ)、寒地型芝草の代表で西洋芝、エリアは関東以西の想定で説明します。 3月の気候と芝生の生育状況 東京なら3月の平均気温は10度前後、後半なら最高気温20度に達する日も出ます。休眠していたコウライシバも芽が出始めます。寒地型芝草の西洋芝も生育を再開しくすんでいた葉の色も鮮やかな緑になります。 ▼3月に入り鮮やかな緑色を取り戻した西洋芝 芽生えと萌芽の違い 芝の芽が出る様子を芽生えといいますが「萌芽(ほうが)」とも書きます。「萌芽」を話し言葉で使うことはないと思いますが書き言葉=文章語として使われます。 3月は芝生の種まきに適しているか 日本芝のノシバ、西洋芝のバミューダグラスなどの暖地型芝草は25度以上が発芽適温、西洋芝のケンタッキーブルーグラス、ベントグラス類、ライグラス類、フェスク類など寒地型芝草は15度以上が発芽適温です。従って3月は種まきには早いです。関東以西であれば3月下旬から平均気温15度を超えてくるので種まきできるのは3月下旬からになってくると思います。 西洋芝など芝生の種まき...
2018/1/30 DownloadsDownload